妊婦のためのインソール

<マタニティインソール>

産前はホルモンの影響で骨盤が開きやすくなるためからだ全体の骨格がゆがみやすく日常生活を過ごすだけでもからだに負担がかかります。

また、出産ギリギリまで働いている方も多いため普段以上に肩こり・腰痛・足が痛い・体調が悪い・つわりなどたくさんの症状に悩まされているはずです。

今回はそんな妊婦の方に何故、インソールがおススメなのかご紹介します。

妊娠中の足のリスク

妊娠中の女性の足には変化が訪れるのをご存知ですか?

妊娠後期に分泌されるホルモン「リラキシン」は、靱帯を緩ませてお産のときに産道を確保する作用があり、このリラキシンは体重が増加する際に足にも変化を与えております。

足は、骨と関節の数に比例して非常に多くの靭帯があるので、「リラキシン」の影響で足の靭帯も緩み、骨格構造が崩れるリスクが高いのです。

妊娠が進むにつれ、お腹が大きくなり、体重が増加するにつれてからだの負担も増えていき、お腹が重くなるとからだは前方に体重を乗せやすくなり、倒れないように腰を反ってバランスを取ります(代償運動)

また、下肢の循環不良が起きやすく、むくんだり、体調不良がたびたび起こります。

妊娠による変化

・ホルモンによる関節弛緩

・お腹の変化によるバランス

・下肢のむくみ




 

ホルモンによる関節弛緩

妊娠が進むにつれてホルモンにも変化が出ており、ペプチドホルモンの一種であるリラキシンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

主な作用は子宮弛緩因子で、出産時に赤ちゃんが産道を通るときに靱帯を緩めて通り道を作ります(恥骨結合)

これだけでは出産時に出るだけのホルモンと思われがちですが、それだけではなく妊娠中やそれ以外でも出ており、月経前・妊娠3ヶ月から出産時まで出ています。

靱帯を弛緩させるホルモンですから出産時の恥骨結合弛緩以外にも全身の靱帯を緩めてしまう作用もあり、その結果、からだ中にある靱帯が緩み筋肉や関節に負担が増して、足が痛い・膝が痛い・腰痛・肩こりなどの症状が出てしまいます。

特に妊婦の方は腰痛が多く、それはこのリラキシンによる恥骨結合が緩み骨盤底筋に負担が増えて腰痛になります。

骨盤底筋が緩み腰痛が起こると股関節に影響が起こり、体幹のバランスが崩れていき、体幹のバランスが崩れると、その下にある下肢への負担が増してからだ全体のバランスが悪くなってしまいます。

その結果、からだの土台である足にトラブルが起こり、歩きにくい・足を引きずる・転倒しやすい・偏平足・外反母趾・などの症状が出てしまいます。

お腹の変化によるバランスの違い

妊娠後期になるにつれ、お腹が大きくなり、体重が増加するにつれてからだの負担も増えていき、お腹が重くなるとからだは前方に体重を乗せやすくなり、倒れないように腰を反ってバランスを取ります(背筋が緊張)

足があげづらくなるので外側過重になりやすく、横揺れ歩行になったり、引きずり歩きにもなりやすいです。

下肢のむくみ

妊娠中は下肢にむくみが起こりやすく、主に下肢に生じますが顔や手の腫脹もみられます。

生理的浮腫

ホルモンによるナトリウム貯蔵が原因で、増大した子宮が横向きにの時に下肢の静脈を圧迫してしまい流出を阻害することによって起こります。

病的浮腫

浮腫の頻度は少ないがその中には深部静脈血栓症・妊娠高血圧腎症などがあげられます。

妊娠中は凝固亢進状態にあり、妊婦はあまり動かないことがあるため深部静脈血栓症が妊娠中は多くみられます。妊娠高血圧腎症は妊娠高血圧が原因であり、すべての女性に浮腫が見られるわけではなく、通常は限局性の紅斑を起こす蜂窩織炎が広範囲にわたる場合に全身浮腫に類似することがある。

 

このように妊婦の方はホルモンによる作用や、お腹が大きくなることによるからだのバランスの変化によってからだに不調が出てきます。

足が痛い・膝が痛い・腰が痛い・肩こり・体調不良・下肢のむくみなどの日常の問題を解決するために正しいバランスを保ち、からだへの負担を少しでも少なくし、動きやすくするために『ママによる』『ママのための』専用インソールをご提案いたします。

是非、当院のオーダーメイドインソールをご利用ください。