【危険】糖尿病による手足の症状

糖尿病は現代病の一つであり多くの方が患っている疾患です。

糖尿病の患者数は生活習慣や社会環境の変化によってその患者数は1.000万人も超えています。

糖尿病で何より怖いのはその合併症であり「網膜」「腎臓」「神経」に大きな障害をもたらし

特に糖尿病性神経障害は最も頻度が高く、症状も早期で進行していきます。

今回はそんな糖尿病がもたらす足病変についてお話します。

 

糖尿病とは

私たちは生きていくための大切なエネルギー源として糖質があり、糖質をブドウ糖→アミノ酸→ATPを使ってからだのエネルギーとして利用します。

多くてもダメで、少なくてもダメ、糖尿病とは血液中の糖質の量が増えすぎてしまう病気であり、血糖値は血液中の糖質の割合を表しています。

人間は通常、食べ物を食べたり飲んだりするとからだの中の血糖値は上がり、それを下げようと膵臓から分泌されるインスリンによって下げられます。

インスリンによって体内のブドウ糖の量をを調節しており、体内に蓄え、エネルギー源として利用できる状態にします。

血糖値が下がらなければ満腹と空腹の信号が働かずに肥満の原因になり、高血圧や動脈硬化、心臓疾患などにかかりやすく、様々な合併症を引き起こします(糖尿病合併症)

 

糖尿病の3大合併症

 

・糖尿病性神経障害

・糖尿病性腎症

・糖尿病性網膜症

 

 

糖尿病性神経障害

神経は大きく分けると3つに分類でき、「運動神経」「知覚神経」「自律神経」です。

 

糖尿病により血液中に高血糖が続くと運動神経の末梢神経に異常をきたし、不必要な物質が溜まり、神経に栄養を与える血管にダメージをあたえ、神経の働きを悪くします。

 

また、感覚神経のひとつである知覚神経にも異常が出て、手先足先の感覚が鈍くなったり、ピリピリしたり、痺れが生じ、手袋っや靴下を履く箇所に障害が起きてしまいます(手袋靴下型)

 

 

されに進行すると神経は働きを失って感覚麻痺が起きて血液循環がうまくいかずに傷の治りが遅くなったり、最悪の場合は壊死して切断をしなければなりません。

 

自律神経障害は内臓の働きや代謝、体温などをコントロールする神経であり、血圧や勃起などにも関与し、消化・吸収が阻害され、便秘や下痢を繰り返したり排尿障害に影響が起こります。

 

特に気を付けなければならないのが末端の循環不良によって起こる壊死です。

足先は特に循環が悪くなりやすく、知覚神経障害も伴って足をうまく使えずに転倒することによって傷や打撲ができ、治りが悪く壊死していきます。

 

また、運動不足によって血糖値をコントロールできずに進行して糖尿病が悪化する人も増えてきており、特に現在のコロナ化による外出自粛要請に伴って外に出る機会が激減しています。

 

その結果、糖尿病性神経障害が発症し、痛みや痺れ、感覚異常が起きています。

 

 

糖尿病性腎症

腎臓疾患は早期では起こりません。

 

腎臓が糖尿病による高血糖に長年さらされると腎臓の濾過機能を担う糸球体が損なわれる病気です。

 

糸球体のなかの血圧が高くなり(糸球体高血圧)、糸球体の毛細血管からの血漿蛋白質(アルブミン)の透過性が高まって、アルブミン尿が出てきます。腎症がさらに進むと、もっとサイズの大きい蛋白も排泄されるようになり、蛋白尿になります。蛋白尿が高度になると低蛋白血症になり、糸球体濾過機能の減少と相まって浮腫が起こってきます。これをネフローゼ症候群と言います。

 

さらに進行すると体内の老廃物や塩分、水分の排泄が損なわれ、腎不全状態になり、これを尿毒症と言います。

最終的には透析をしなければなりません。

 

糖尿病性網膜症

糖尿病で血糖コントロールが悪い状態が続くと細い血管が特に悪くなって問題が起こりますが(細小血管症)、糖尿病で血糖コントロールが悪い状態が長引くと、網膜にも例外でなく血管障害が起こります。これが糖尿病網膜症です。

 

ひどくなると網膜出血や網膜剥離などが起こって視力が低下したり失明したりすることがあります。実際に、糖尿病網膜症は、日本における失明の3番目に多い原因と言われています。

 

ちなみに一番多いのは緑内障です。

 

糖尿病の予防

 

・血糖コントロール

・血圧コントロール

・脂質代謝異常の予防

 

 

運動によって糖が使われ、筋肉の量が増えることで、糖をからだに取り込みやすくします。

 

その上、脂肪が減ることで、血糖値を下げるインスリンが効果を発揮しやすい環境を作ります。

 

有酸素運動により筋肉への血流が増えると、ブドウ糖がどんどん細胞の中に取り込まれ、インスリンの効果が高まり、血糖値は低下します。

 

また、筋力トレーニングによって筋肉が増えることでも、インスリンの効果が高まり、血糖値は下がりやすくなります(インスリン抵抗性)

 

但し、運動を辞めてしまうとその効果は3日程度で失われていきます。

 

一方、強度の強い運動をしてしまうとエネルギーを補充しようとカテコールアミンやグルカゴンなどの血糖値を上げるホルモンが働き、一時的に血糖値を上げてしまいます。

 

また、血圧も上昇してしまうのでただ強い運動をすればいいと言うわけではありません。

 

運動強度

弱〜中程度

運動時の目安脈拍=(220-年齢)✖️0.5 です。

例、45歳の年齢では220-45歳✖️0.5=87.5(回/分)

 

運動頻度

週3回以上(できれば毎日しましょう)

 

運動で気をつけること

食事療法とのセットで考える

 

運動すればお腹が減ります。お腹が減ると食べ物をたくさん食べたくなるので、食べ過ぎると血糖値を返って上げてしまいますので、運動と食事のバランスを考えましょう。

 

低血糖予防

インスリンやSU薬を用いている人は低血糖に注意が必要です。運動をする時は低血糖の症状に注意し、ブドウ糖や軽食を準備しておきましょう。

 

1型糖尿病の方は必要に応じて血糖値をこまめに計りましょう。

 

運動を禁止した方がいい場合

・血糖値が高いとき 空腹時血糖≧250mg/dL

・脱水のある時、ケトーシス

・感染症があるとき

・自律神経障害が進んでいるとき

・網膜症が進んでいるとき、眼底出血があるとき

・腎臓の病気が進んでいるとき

・足に進行した潰瘍、壊疽(えそ)があるとき

・重い心臓病(心筋梗塞など)、肺の病気があるとき

・骨、関節の病気をお持ちの方

糖尿病情報センターから引用

 

適切な靴やインソールを用意する

糖尿病の方は特に足を大切にしなければなりません。

運動時には自分の足に合った靴を履き、歩きやすい靴をはき、そして、日々足をチェックし、フットケアをしましょう。